中国茶サロン茶縁

中国茶台湾茶でもっと暮らしに彩を

初級茶芸師資格取得クラス好調!

| 0件のコメント

10月に2名の生徒さんと始まった初級茶芸師クラス。第1回目の導入編、2回目の茶葉の分類、と内容が徐々に本格的になってきました。11月からもう1名、来年1月からももう1名生徒さんが加わり、最終的に定員の4名で来年の夏天津での受験に向けて勉強することになりました。途中からの参加される生徒さんには個別に補講を行いがんばって追いついていただいています。皆さんたくさん質問もして下さって、とても嬉しいです。活発なクラスです。夏がたのしみです!

img_9958初級が青、中級が緑、高級が赤。

茶芸師とは、中国政府が発行している国家職業資格です。お茶関係の仕事に従事するものの知識、技術、心構えを国で定めた一定レベルに保つためにある資格です。茶芸をするための資格ではありません。この茶芸師の資格、実際持っていても日本国内での就職に役立つとは思いません。しかし複雑に思える中国茶の世界を大きく捉えるには最もわかりやすい学習内容だと思います。初級茶芸師の内容は中国茶の全体像を把握するのにはピッタリなのです。この内容が背骨だとしたら、その後お茶を飲んだり本から知識を得たり、ご自身でいくらでも肉付けができるのです。背骨がある限り、知識は必ず正しい位置に納まってお茶のある暮らしがますます楽しくなることでしょう。

 

コメントを残す

必須欄は * がついています